台湾一周メルマガ

台湾で新幹線のチケットを購入する方法

台湾で新幹線をタッチパネルでチケットを方法を紹介します。行けばわかると思っていましたが事前にわかると安心です。簡単ですが写真を撮ってきたので不安な人はチェックしてみてください。

 

台湾で新幹線のチケットを購入するにはどんな方法があるのか知ることから始めましょう。

 

窓口に並ぶ
インターネットで購入
タッチパネル

 

最初は窓口で並ぶしかないと思っていました。タイミングが悪ければ長蛇の列ができています。中国語の壁を感じる人もいるでしょう。苦手な人は苦手ですよね。

台湾で新幹線のチケットをタッチパネルで購入する方法

今回はタッチパネルでの購入を紹介します。これは簡単です。タッチしていけばいいだけです。

 

自由席か指定席か選びます。指定席が取れなかったら戻って自由席にすればいいだけです。

 

台湾新幹線1

 

片道か往復かを選びます。わたしはこのとき片道を選んだので単程票です。

 

台湾新幹線2

 

大人、子供の人数を入力しましょう。

 

台湾新幹線3

 

乗る駅と降りる駅を入力しましょう。

 

台湾新幹線4

 

そうするとチケットの候補が出てきます。指定席の場合は時刻を選びましょう。

 

台湾新幹線5

 

現金払いでもクレジット払いでもOKです。

 

台湾新幹線6

台湾新幹線のタッチパネル購入のメリット

席を自分のペースで選べる

窓口でも選ぶことができますが自分のペースではありません。タッチパネルだとゆっくり選ぶことができます。

 

並ばない場合が多い

窓口に比べ並ばないことが多いです。スムーズに購入できます。

 

JCBカードが使用可能

わたしは楽天カードを持っているのでこれで購入しました。100円で1ポイント貯まります。台湾で使用してもレート換算され引き落とされるので便利なカードです。日頃から楽天で買物している人はどんどんポイントが貯まります。

 

言葉の壁がほぼ無い

タッチパネルで操作していきますが言葉の壁はほぼ感じません。サクサク進めることができます。

 

時間があるときは練習を兼ねて1度このタッチパネルを操作してみるといいです。現金やクレジットカードを入れないと決済されないのでその手前までやればだいたいのことはわかります。

 

台湾に行く前は不安に感じることも慣れてしまえば日本と同じくらい便利です。

 

デメリット
1度現金で決済しました。500元のお釣りでした。500元札が1枚もしくは100元札が5枚出てくると思っていたら50元硬貨が10枚出てきました。このときはすごく財布が重くなりました。その後台湾の夜市でこの50元硬貨が活躍することになるのですがジャラジャラお釣りが出てきたときは驚きました。

 

まとめ
台湾の新幹線のタッチパネルでのチケット購入は便利です。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。