台湾一周メルマガ

おしゃれな台湾音楽

わたしの好きな台湾音楽をお気に入りの曲を思い出とともに3曲紹介します。

 

台湾人歌手の曲です。もう何回も聴いています。

 

私一人でYou Tubeの再生回数がかなり増えているはずです。

 

カフェで流れていそうな音楽やJAZZな音楽です。

 

台湾音楽

お気に入りの台湾音楽3選

Au Revoir Taipei

song by 郭采潔

 

Jazzな一曲。でもちゃんと中国語歌詞です。これを聴いて中国語の印象が変わりました。それまでは香港映画に出てくる中華料理店のおばちゃんが話す中国語のイメージでした(おばちゃんスミマセン…)。でもこれはすごくオシャレでかっこいいんです。

 

 

この曲は「一頁台北」という映画の挿入歌です。映画の中で出会いました。You Tubeの背景も「誠品書店」で映画の中にも「誠品書店」は出てきます。誠品書店は台湾の有名な本屋のチェーン店でこの映画を見て台北の24時間営業の誠品書店敦南店へ行きました。この誠品書店で台湾人の友達と待ち合わせをしてカフェで夜遅くまでおしゃべりしたこともあります。中国語を勉強している日本人の私が中国語で話し日本語を勉強している台湾人の友達が日本語で話し楽しく夜を過ごしました。いい思い出です。

 

九份的咖啡店

song by 陳綺貞

 

陳綺貞の曲はどの曲も好きです。特にこの曲の歌詞が好きです。台湾の九份に行った人も多くいると思います。「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったとも言われています。そんな九份を舞台にした曲です。私も九份に行ったことがあります。台湾人の友達に連れていってもらいました。

 

 

ゲラゲラ笑いながら歩いてその土地のスウィーツを食べて楽しくて楽しくて。台湾人の友達のおかげもあって本当にジブリの世界に迷い込んだようでした。そんな九份も人が多過ぎるなと私自身も思っていました。この歌詞を聴いて訳したとき自分の気持ちにピッタリきました。

 

1番の歌詞は九份は空気も新鮮でいいところだねと歌い
2番の歌詞は九份も人が多くなってきて夜も賑やかだと歌い
3番の歌詞は台北の繁華街では人の顔も無表情と歌っています。

 

曲のリズムも歌声もそして歌詞も好きな曲です。

 

寶貝

song by 張懸

 

今、1番好きな台湾人歌手です。この人の歌声を聴くと無性に台湾に行きたくなります。この人の歌声を台湾で聴くとさらに台湾を台湾らしく感じます。たぶん、私だけなんでしょうが…(笑)

 

 

張懸のどの曲も好きなんですがこの寶貝を歌っている張懸のしぐさと横顔が台湾人の友達に似ててそして何回も聴いている内にこの曲が体に染みついてきて「また台湾に行きたい!」となるんです。みなさんも「台湾行きたい病」が発病する危険性がありますのでお気をつけください。

 

まとめ
台湾CPOPはおしゃれで心地いい。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。