台湾一周メルマガ

台湾人と日本人を比較

台湾は居心地がいいと感じる日本人は多いはず。日本にももちろんいい点はたくさんあるのだけど台湾はなぜこんなにも居心地がいいのか考えてみました。

 

夜市が充実しているとか交通費が安いとかいろいろあるけど、今回は性格と生活について見ていくことにします。

 

わたしは日本人です。この記事を読んでいるほとんどの人も日本人のはず。だってこのサイトも日本語で書いているのだから。数パーセントは日本語ができる外国人もいるかもしれませんが日本人の視点で見た話です。

 

台湾人の性格

 

今回書くのは日本人と台湾人との対比です。台湾人と欧米人と対比するとまた違った視点になります。日本人と比較した台湾人ってどんな感じなのでしょうか。

台湾人と日本人の性格の特徴

性格と生活という視点で見ていきます。

 

日本人の性格:ルールに従順
日本人の生活:競争社会

 

台湾人の性格:希望に従順
台湾人の生活:共有社会

 

ちょっと極端ですが、このくらい極端な言葉の方がわかりやすいと思いあえてこの言葉を選んでいます。

 

では説明していきます。

 

日本での会社や学校を思い浮かべてください。ルールが大前提にありますよね。ルール絶対主義のようなところがあり、本当はこのルール変じゃないかと思ってもまかり通ります。本音よりルールの方が優先されることが多いんです。

 

日本
なのでこのルールにしたがい競争が存在します。会社でも学校でも同じこと。なので絶対におかしいと思っても社長には逆らえなかったり、受験勉強をがんばっても英語を全然話すことができなかったりします。台湾に行ってこの本音に気づきました。

 

台湾
台湾で感じた印象はどうかというと、いいも悪いも希望に従順です。希望は欲望になることもあるので注意が必要ですがわかりやすくて気持ちいいんです。やりたいことはやりたい。嫌なものは嫌。

 

そしてこの希望を実現するために助け合います。これが共有社会へとつながっていきます。台湾人の優しさはここにあるのかなと思います。個人の希望のときもあればもっと大きな地球レベルの希望のときもあります。優しさに包まれて温かいと思うときがよくあります。

台湾人と日本人の性格まとめ

極端な例でいいましたがある一面は確実にとらえているはずです。

 

もちろん日本人の優しさもあるし、台湾にも競争社会はあります。しかし台湾に行って台湾人と接していて何か違うなと思ったときにこの視点で整理できたのです。

 

台湾に住んでいる日本人にこのことを話したら「なるほど」といっていました。日本での社会人経験もある人なので比較が整理されてわかりやすかったようです。

 

最初に書いた通り日本と比較した印象です。欧米人にも印象を聞いてみたいと思います。

 

まとめ
台湾人は「希望」と「優しさ」で行動している。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。