台湾一周メルマガ

淡水ノスタルジック台湾旅行

淡水でモノクロノスタルジック。カメラを持って台湾一人旅。台北駅からMRT(地下鉄)に35分乗ると淡水駅に着きます。

 

淡水観光

 

台北発の日帰りスポットです。この歌を聴きながらブログを読んでみてください。

 

 

台湾人歌手盧廣仲(クラウドルー)の『Nice to Meet You』という歌です。最初のフレーズに意識を集中してください。淡水(ダンシュイ)って言いますよ。耳を澄ましてくださいね。

 

あとの中国語はわからなくてもOKです。メロディーを楽しみましょう。淡水のことを歌っています。ipodやスマホに曲をダウンロードして淡水で聴くのもオススメです。盧廣仲(Crowd Lu)も歌の中で言っています。

 

太陽が沈むのを見る
淡水がとっても好きだ
冬に雨が降り続くのを除けば

 

この歌を聞くと淡水に行ってみたくなりますよね。淡水でのクラスメイトとの思い出と、淡水の街の移り変わりと、変わらない淡水河の水の流れを歌っています。

淡水の観光スポットの楽しみ方はいろいろ

淡水の街はノスタルジックな老街あり台湾ならではの屋台グルメありきれいな景色ありグルメと言えば淡水は海の近くなので「魚丸湯(魚のすり身団子スープ)」が有名だと台湾人の友達にも教えてもらいました。

 

淡水

 

恋人とイチャイチャするスポットとしても有名な淡水。恋人と行く人は思う存分イチャイチャしてください(羨)

 

1人で行っても川沿いを散策したりカフェでのんびりしたり日本の友達にAirMailを書いたり淡水の楽しみ方はもちろん自由です。

 

台北淡水

 

私は淡水はモノクロ写真で表現しようと思い「淡水モノクロノスタルジック in 台湾」とテーマを決めて淡水をぶらぶら1人で散策しました。いい思い出です。

 

写真を撮るときは1人の方がいいんです。自由に撮れるから。時間も気にしなくていいし、行く方向も気にしなくていい。写真ってそのときにしか撮れない瞬間があるからいい写真を撮ろうと思ったら1人になります。

 

淡水観光スポット

 

そこで撮ったモノクロの淡水の写真がこれです。淡水はモノクロが似合うと思ってあとで加工したわけでなく最初からモノクロ設定で撮りました。

 

関連記事
淡水から紅毛城へ歴史散策

 

まとめ
写真を撮るにも淡水は絵になります。ぜひスマホに盧廣仲の曲をダウンロードして淡水で聞いてみてください。淡水がより淡水らしく見えるはずです。カメラは何でもいいんです。スマホでもOK。いい写真が撮れたら誰かに見せてあげましょう。淡水ってこんなところだよっていいながら。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。