台湾一周メルマガ

客家族の北埔老街へ一人旅

北埔2

北埔老街
住所:台湾新竹県北埔郷
行き方:台北駅から台鉄に乗り新竹駅へ、そこからバスに乗り約40分で到着(今回の場合)

 

場所はgoogle mapで拡大して見るとわかりやすいです。「台湾新竹県北埔郷」で検索してみてください。

 

台北の近代的な街も好きだけど、ふと古き良き老街に行ってみたくてガイドブックをパラパラ見ていたら目に飛び込んできたのが北埔の写真。ひと目で行きたくなりました。


日曜マーケットで賑わう北埔老街

北埔1

台北駅で台鉄に乗り新竹駅へ。台北駅で売っている駅弁がとってもおいしそうでした。新竹に到着するとバスターミナルで北埔行きを発見。そこから約40分で北埔に到着です。一人旅だし、初めてだし、バスの乗り方降り方わからなくてドキドキしましたが、無事に到着することができました。

 

この日は日曜日で市があり賑わっていました。露天ではいろんな物が売られていました。北埔の街の真ん中には慈天宮というお寺があり、道に迷っても最後に辿り着く場所が慈天宮で北埔のランドマークとなっていました。散歩するのにちょうどいい街です。カメラ女子カメラ男子にはたまらなくいい建物がありシャッターチャンスも多くあります。

 

台湾で最も客家の味わいを色濃くある街が北埔ということです。今でも北埔の人どうしの会話は客家語を話すそうです。中国語(普通語)とも台湾語とも違う客家語。こちらはいくら聞いてもチンプンカンプンでした。


北埔老街名物の擂荼

北埔3

北埔は擂荼というお茶が有名です。豆類、ゴマ、緑茶葉等を混ぜてすり鉢ですって作ります。ちょっと甘めの濃厚な健康茶でした。購入したのはもう出来上がったパックに入ったものです。

 

販売のお手伝いをしている小学生の女の子が英語で話し掛けてきて説明してくれました。

 

擂茶もおいしかったのですが、この北埔老街の小学生を見て、英語をもっと勉強しようと思いました。


北埔老街からの帰りに旅のハプニングが

北埔4

古き良き北埔老街に夢中になり、写真もたくさん撮り、いい気分で散策しているとすっかり夕方になりました。そろそろ帰ろうかと思いバス停に行くと、なんと、もうバスがありません。旅にはつきものですが、ハプニングがやってきました。

 

こうなったらタクシーです。近くのバスセンターまで行きましたが、そこに付くまで、外は暗いし、道はわからないし、本当にこの道でいいのかすごく不安でした。無事にバスセンターへ着き、新竹行きのバス時刻表を見ると20分ほどありました。

 

この待っている間にいろいろ考えました。哲学するにはもってこいのシチュエーションです。しばらくするとバスが来て新竹まで行き、台北に戻り、スムーズに宿まで戻ることができました。


初めての場所の北埔に行ったからこそわかる旅の感覚

知らない街に行くと、いつもは使わない感覚がニョキニョキと出てきます。この触覚に似た感覚に従い右に行こうか左に行こうか決めます。

 

ちょっとした判断で、いい景色と出会ったり、いい縁があったり、トラブルがあったり、トラブルの先に楽しさがあったりします。北埔老街でもこの感覚を使いました。

 

北埔老街に行くと、あなたの感覚もニョキニョキ出てきて経験と重なりいい思い出になることでしょう。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。