台湾一周メルマガ

台湾国際バルーンフェスタは台東の鹿野高台で開催される

毎年台東県の鹿野高台で台湾国際バルーンフェスタが開催されます。

 

2017年の日程
6月30日から8月6日まで

 

台湾に行くとなんでバルーンのモニュメントがあるんだろうと思っていました。台湾桃園国際空港にもあります。台北の繁華街にもあります。台湾とバルーンはどういう関係なんだろうと思ってました。

 

その疑問は台東に行ったときに解決しました。

 

台東で毎年大きなバルーンフェスティバルが開催されるのです。

 

台湾国際熱気球フェスティバル

 

これを台湾全体のイベントとして捉えているから関係を深めて台湾で表現していることがわかりました。

 

名称も「台東国際バルーンフェスタ」ではなく「台湾国際バルーンフェスタ」です。

台湾国際バルーンフェスタの開催時期や場所

毎年行われている台湾国際バルーンフェスタの詳細についてチェックしていきましょう。

 

開催時期
開催場所
おすすめのホテル
台湾桃園国際空港のバルーン
台北とは違う台東へ

 

開催時期

台湾国際バルーンフェスタは夏だけの開催です。夏の約1カ月間の開催です。南国なので毎日バルーンが上がっているイメージがありますが日程を注意しましょう。

 

早朝の夜明けとともに上がります。早起きが必須です。

 

夏でも早朝は寒いときがあるので長袖が必要です。女性の服装はスカートではなくパンツタイプがいいでしょう。

 

開催場所

台東で熱気球が上がるのは台東県の鹿野の地形に関係があります。

 

台東県鹿野高台

 

台東と言うと最初は海岸線をイメージしていました。海岸線はもちろんあります。しかし鉄道が取っているのは台東の内陸部です。そしてこの内陸部には東と西の両方に山があり盆地になっています。

 

台東市内を抜け北上すると鹿野がありそこから池上を通り花蓮までこの盆地が続きます。田園風景が有名なところです。

 

この東西を山に囲まれた台東県の盆地の中で少し高台になっている地形があります。これが鹿野高台です。ここがおそらく風が安定するのでしょう。熱気球にとって天候条件がいいはずです。

 

おすすめのホテル

この台湾国際バルーンフェスタを見たいのであればこのサイトで書いたこちらのルミナス温泉ホテルがいでしょうか。毎朝送迎のバスがあります。近隣には他に民宿もあります。

 

台湾桃園国際空港のバルーン

台湾桃園国際空港の第2ターミナルの中にはバルーンのモニュメントがあります。何回もここを通っていますがなぜなんだろうと昔から思ってました。やっとこれで謎が解決しました。

 

台湾桃園国際空港

 

台北とは違う台東へ

台湾といえば台北をイメージします。わたしも最初はそうでした。台北以外の場所へ行くにはちょっと遠いし鉄道も不安だしお金も掛かるしと思ってました。しかし行ってみるとこの不安はすぐに解消されます。鉄道の交通費は日本よりも安く遠いといっても台湾の面積は九州くらいです。移動が大変なわけではありません。

 

台湾の土地感覚がわかったのでこれからは台湾のいろんな場所に行きたいと思います。バルーンフェスタもその内の一つです。

 

まとめ
そうだ台東の台湾国際バルーンフェスタへ行こう!台湾の違った良さがわかるはずです。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。