台湾一周メルマガ

台湾東部の大里駅で降り亀山島を見ながら散歩

台湾鉄道で台湾東部の小さな駅に行きました。

 

駅の名前は大里です。

 

大里駅

 

この大里の特徴を紹介したいと思います。

 

コンビニが無い
漁村
台湾鉄道の駅がある
亀山島がばっちり見える
散歩が気持ちいい

台湾東部の大里駅周辺の5つの特徴

コンビニが無い

台湾のどこにでもあるセブンイレブンやファミリーマート。しかしこの大里にはありません。ほんとに小さな商店が一つあるだけです。コンビニぐらいはあるだろうと思っていたのが間違いでした。この小さな商店でカップラーメンとポテトチップスを買いこの日の晩御飯にしました。それしか方法はありませんでした。

 

しかし、そんな時にもいいことはあります。この小さな商店は老夫婦が経営していました。この旦那さんの方が日本語を話せるのです。昔子供の頃勉強したそうです。日本人とわかると嬉しそうに日本語話してきました。なのでこちらも日本語で答えて話をしました。日本が大好きだそうです。

 

漁村

大里は漁村です。漁村といってもコンビニもないくらい小さな町です。この街には老街があります。お店は何もないのですが、雰囲気の良い台湾らしい街並みでした。散歩にはちょうどいい場所です。

 

台湾鉄道の駅がある

大里の何がいいかというと台湾鉄道の駅があるところです。これがなかったらわたしも立ち寄らなかったでしょう。駅が有ると無いとでは大きな違いです。

 

大里駅

 

亀山島がばっちり見える

大里からは亀山島が見えます。この亀山島は宜蘭県の守り神とも呼ばれている島です。宜蘭の海岸線には亀山島が見えるのですが、この大里から見た亀山島が一番亀らしいカタチをしていたように思います。宜蘭は亀が守っているのだと昔と変わらない景色を見て思いました。

 

 

散歩が気持ちいい

大里は散歩も気持ちいいところです。台北に住む台湾人の友達に大里に行ったとういと「なんでそんなとこ行ったの?俺は行ったことないよ」と言う人がほとんどの中、一人だけ「わたしは行ったことがあるわ。あそこにいいハイキングコースがあるの」と言っていました。私も大里の地図を見たときこのハイキングコースはいなと思いました。しかしその日はあいにくの空模様で雨が降っていました。時間がなかったので、次はぜひハイキングしようと思っていたところにこの会話があったので台湾人と意気投合しました。

 

大里老街

 

次回はぜひ大里のハイキングコースを歩いてみたいと思います。台湾人の友達は「秋が絶対いいから」と言っていました。秋にしか咲かない花があるそうです。

 

まとめ
誰も知らない街にこそ自分だけが知る楽しみがあります。これも旅の醍醐味です。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。