台湾一周メルマガ

台湾映画ロマンス狂想曲の恋愛映画で見る中国大陸との関係

ロマンス狂想曲(日本語タイトル)
對面的女孩殺過來(中国語タイトル)
Apolitical Romance(英語タイトル)

 

ロマンス狂想曲

台湾人と話すとき中国大陸の話題によくなります。事情はなんとなくわかってきたけれどどう答えていいかわからないときもよくあります。日本にいたらよくわからない問題です。台湾人が抱えている問題です。

 

中国人と台湾の話になり台湾で感じたことと違うことを言ったりします。自分が肌で経験したことだけどこれもこれもどう答えていいかわかりません。

 

台湾と中国大陸の話題になるとヒートアップするのでなるべくしないようにしていました。

 

ところがこの映画はそのど真ん中を突いてきます。しかも政治的なことをいいながら物語は恋愛映画になっています。

 

ど真ん中過ぎて笑えるくらい。日本人としてはこんなど真ん中は言えません。もし言ったとしても返り討ちにあいます。なのでこの手の話題はいつも避けています。

 

それを映画の中ではどんどんズケズケいうのでびっくり。

台湾映画ロマンス狂想曲でバイクの二人乗りをする台湾人と中国人

台湾の新北市に住んでいる公務員の台湾人男性は仕事で台湾と中国大陸の違いについてレポートでまとめ提出しなければいけなくなりました。しかし中国大陸に行ったこともなく大陸朋友(友達)もいません。

 

 

そこに中国から人探しに来た女性と出会います。おばあちゃんの初恋の相手を探しに台湾に来ました。

 

二人の会話の中で台湾と中国大陸の普段から感じている問題が取り上げられます。敏感な問題だけど映画は捉えていました。しかも軽い恋愛の風景の中で捉えています。

 

台湾と中国大陸の問題を知りたいなら頭であれこれ考える前にこの映画を見ることをおすすめします。台湾映画なので台湾人が感じる現状が描かれています。なかなかこの敏感な問題を取り上げる映画は多くありません。貴重な映画です。本も雑誌もネットも偏り過ぎている場合が多くあります。これは恋愛ものなので普段の感情がそのまま描かれています。誇張ではなくそのままだなと思いました。正直に描かれているだけあって痛快でした。

 

バイクで二人乗りする写真が映画案内によく使われています。この写真が大好きです。映画をこの1枚で物語っています。

 

まとめ
敏感な台湾と中国大陸の問題を恋愛という軽いタッチで描いています。軽いタッチですが内容は普段からとても敏感な問題です。ちなみにこの問題にわたしはタッチしません。話題になってもスルーします。スルーするくらい困っているだけにこの映画は痛快でした。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。