台湾一周メルマガ

台湾映画「湾生回家」の感想レビュー

湾生回家(日本語タイトル)
灣生回家(中国語タイトル)

 

湾生とは1895年から1945年までの50年間、台湾にいた日本人のことです。戦争の話は他にまかせるとして、映画の話をしていきます。

 

台湾に移住した人がこの時代に多くいることを改めて知りました。映画の中のインタビューによると外国に移住するという感覚ではなく東京から九州に行く感覚だったという人がいました。この頃の日本はたいへん貧しく海外に活路を見出す人が大勢いました。そしてこの時代は台湾は日本だったので郵便局や役所の公務員も移住しました。

 

50年という長い期間の中で台湾で生まれた人もいます。この人たちは1945年になるまで日本(東京や大阪など)を見たことはなく昔話のように語る大人から日本の様子を聞いていました。そして1945年に日本に強制送還されるのです。

 

映画は岩波ホールなど日本でも公開。

 

ネタバレ注意!台湾映画「湾生回家」のあらすじ

台湾の中で台北に住んでいた人、台南に住んでいた人、花蓮に住んでいた人がインタビューを受けていました。それぞれの地でそれぞれの思いがあるようです。花蓮や台東では農業が盛んで荒れ地から耕したエピソードもありました。

 

台北での女学校のエピソードを話した女性はもうおばあちゃんになっていました。最近体調を崩していたけど台湾に旅行に行くようになって体調が良くなってきたと話しています。台湾の気候と人柄がそうさせているようです。

 

湾生回家

 

台湾は他のアジアの地域と比較しても特殊な歴史とエピソードがあり日本と関わっている場所です。この映画を見てそのひとつ事実を知ることは台湾を知る上でとても良いことだと思います。

 

教科書には載ってないことばかりです。しかしこれもひとつの事実です。台湾という場所がなぜ複雑なのか歴史や政治の話はこのサイトでは深く追求しないことに決めていますが、台湾好きだったらこの映画は見るべき映画だと思います。これを知った上で自由に台湾で好きなことを追求すると深いところまで行き着くはずです。

 

例えば台湾で芸能活動をしたい人が増えています。流行の最先端を切り開く仕事ですがこの湾生回家の内容を知っているかどうかで演技や発言に深みが出てくるはずです。深みだけでなくこの社会で何をするべきか道が広がります。

 

まとめ
台湾好きならこの視点も知っておくべき。そして流行や自分のオリジナリティを台湾で追求していくとさらに発展していくはずです。そして違う国や地域からの視点で自分をみると深みが増していきます。台湾と自分のいい関係ができるでしょう。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。