台湾一周メルマガ

台湾映画KANOの感想

あちこちでおすすめと評判の台湾映画KANOを見ました。その感想です。

 

KANO1931海の向こうの甲子園

 

永瀬正敏主演の映画。なので台湾映画と言っても日本語で物語は進みます。中国語の場面も少しありますが本当に少しだけ。

 

中国語の勉強を始めたばかりの人にはいい勉強になります。ちょっとだけ中国語というのは映画のストーリーもわかるので勉強しやすいんです。中国語以外にも少数民族の言葉も出てきます。

 

 

物語は台湾の嘉義で繰り広げられます。年代もまだ飛行機で台湾に行っていない時代です。映画の中で嘉義の高校の野球部が台湾で優勝し甲子園に行きます。関西にある阪神甲子園球場に行くのも飛行機ではなくもちろん船です。

台湾映画KANOを見ながら陽岱鋼のことを考えた

kano

今は飛行機ですぐに行けるので便利になりました。この便利さはもっと活かすべきだなと自分自身にいい聞かせながら見ていました。船で台湾に行くんだったら何時間掛かるんだろうかと映画の趣旨とは違うことを考えながら見ていました。貨物だけでなく旅客の海上航路もあったらいいのにと思いました。

 

この頃の台湾の時代背景も知ることができます。映画の副題にもある通り時代は1931年です。日本人のダム設計技師の八田與一が台湾でダムをつくり台湾の嘉義周辺の農業に大きく貢献したことも取り上げられています。今では台湾に銅像もあります。ガイドブックにもよく登場します。

 

高校野球と甲子園の関係はこの時期台湾まで深く関係していました。今、台湾に野球文化が根ざしているのはこれと関係があるのかもしれません。台湾って野球強んですよね。メジャーリーガーもいます。最近では陽岱鋼が有名になりました。日本ハムファイターズから読売ジャイアンツに移籍が決まって話題になっている人です。台湾人の野球ファンが日本のプロ野球のファンにどんどんなって球場へも足を運ぶはずです。

 

あの頃寸断された夢を陽岱鋼が叶えているのかも。今は飛行機もあり台湾人が日本でプレーすることもできます。これからの陽岱鋼の野球人生での活躍も楽しみです。

 

写真は台湾の北端で撮ったものです。


台湾映画KANOの上映時間

上映時間は普通の映画よりも長いのでゆっくり時間のあるときに見ることをおすすめします。中国語も少ないので勉強している人はノートを横に置いて気になる単語をメモしながら見るといいですよ。

 

全て中国語の映画の場合はとにかく聞くことも大切ですが、野球のストーリーがある程度想像つくことや、日本語が多いことなどを考えるとメモしながらでちょうど良さそうです。

 

まとめ
台湾映画KANOは野球に興味ある人だけでなく時代の変化を感じたい人におすすめの映画です。台湾映画だけど日本語がたくさん出てきます。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。