台湾一周メルマガ

アンリー監督デビュー作台湾アメリカ合作映画推手の感想

推手(1991年、アンリー監督、台湾アメリカ合作)

 

1991年の映画です。しかしストーリーは色あせていません。電話やテレビや車は1991年で今とは違いますが人の心は変わらないので映画に心を打たれます。

 

推手とは太極拳などの中国武術のひとつ。相手の力を借りて相手を倒します。カンフーよりもゆっくりな動きです。

 

 

舞台はアメリカです。アメリカ人と結婚した男性の父親が推手の使い手です。結婚相手のアメリカ人女性は中国語が話せず、推手の使い手のおじいちゃんは英語が話せません。

 

異国での文化の違いや家族関係の難しさを描きながら話は進みます。

一芸に秀でる映画推手の主人公

見ていて思ったのは一芸に秀でれば異国でも威厳をもって生きていけるということ。推手の使い手であるおじいちゃんは推手の教室もアメリカでやっていました。そこには中華料理が上手なおばあちゃんも現れ料理教室で小籠包をつくっていました。一芸に秀でる重要性もこの映画で知ることができます。カンフーでも中華料理でも何でもいいんです。そこの土地の人が喜ぶものであれば。

 

推手

 

一方、家族関係の難しさは今も昔も変わりません。難しさをこの映画で描いてありました。嫁とおじいちゃんの関係、小さい子供との親子関係、お父さんの仕事のストレスが原因となる家族関係など。映画の中では中華系のおじいちゃんとアメリカ系のお嫁さんの対立が描かれていました。

 

家族関係が難しいだけでなく雨降って地固まる心温まる場面もあります。おじいちゃんの東洋思想や東洋医学のウンチクは必見です。息子のお嫁さんであるアメリカ人に伝えています。なるほど!思うことばかりでした。東洋思想って奥が深いんですよな。

 

推手の使い手のおじいちゃんは物語の後半アメリカのチャイナタウンで過ごします。ここでもトラブルに巻き込まれるのですが詳しい内容は映画を見てのお楽しみ。推手を使ってチャイナタウンの英雄になります。アメリカのチャイナタウンにも行ってみたくなりました。世界各国のチャイナタウンに行ってみたいです。華僑の人と話してみたいです。

 

映画は台湾アメリカ合作の映画なので英語と中国語がミックスです。

 

まとめ
一芸に秀でることの重要性を感じました。そして文化の違いもやはり最後は心が大事なんだと思います。同郷の大事さ、異郷の人と交わる大事さ、昔の映画ですがいろんな学びがありました。恐れないで異国に飛び込んでいこうと思います。だって映画の中とはいえおじいちゃんでも異国で生き抜いていけるのだから。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。