台湾一周メルマガ

台湾映画一頁台北は思い出の作品

台北の朝、僕は恋をする(日本語タイトル)
一頁台北(中国語タイトル)
Au Revoir Taipei(英語タイトル)

 

わたしの好きな映画一頁台北、ランキング第1位です。

 

 

誰もがランキング1位にする映画ではありません。わたしの思い出がたくさん詰まっているからランキング1位なんです。

台湾映画の一頁台北がマイランキング1位になった理由

一頁台北

数年前にこの映画を見て台北へ旅行に行きました。一人旅です。一人旅といっても台北には台湾人の友達がいます。1週間の旅でしたがいろんな台湾人と会話した旅でした。

 

台湾人の友達会っておしゃべりして

 

台湾人の友達が連れてきた新しい台湾人の友達とおしゃべりして

 

カフェでたまたま会った台湾人とまたおしゃべりして

 

どこか観光に行くというよりも台湾人とずっとおしゃべりしていた旅でした。この台湾人とおしゃべりしていた場所や雰囲気が一頁台北とよく似ていました。


台湾映画の主人公になったような気分

誠品書店

初めて会う台湾人が待ち合わせ場所に指定してきたところは誠品書店敦南店でした。ここは映画の中にも出てきます。台湾人の友達はそんなことなんて知りません。自然な感じで誠品書店で会いました。偶然とはいえここを待ち合わせに指定した時点で感動していました。映画の主人公のような気分になっていました。

 

誠品書店敦南店座り読みOKなのでずっと気になっていた場所でした。

 

別の日にはもともと友達だった台湾人が新しい台湾人の友達を紹介してくれて、もともとの友達は用事があって来れず新しい友達と夜市に行きました。その風景が映画の中に出てくる師大夜市とそっくりでした。なんだか映画の中に迷い込んだかのような錯覚におちいりました。BGMには映画の音楽が頭の中で流れていました。

 

旅には偶然があります。偶然は旅にスパイスを効かせてくれます。これが二人組やグループや家族で行ったらまた違った展開になっていたはずです。一人だからこそあれやこれや台湾人が世話を焼いてくれました。この世話が旅の思い出となりました。

 

この映画「一頁台北」に関しては順番が逆じゃなくてよかったと思います。旅をして映画を見るんじゃなくて、映画を見て旅をする。旅をしているときにこんなに景色が映画色になったことは初めてでした。

 

「イメージが大切」とよくいいますが、こんなに映画のイメージにぴったりのことがおきるなんて自分でもびっくりでした。

 

これ以降は誠品書店敦南店は台湾へ行くと毎回行くようになりました。師大夜市もコンパクトで大好きです。

 

まとめ
思い出と重なる映画はその人の中で忘れられない映画となります。わたしにとってのランキング1位の映画はこの一頁台北です。




台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。