台湾一周メルマガ

台湾行き航空券の探し方と予約方法

台湾に行くときにまずチェックしなければいけないのが航空券。これを予約しないことには旅は始まりません。

 

わたしなりの航空券の探し方があるのでお伝えします。

 

航空券

 

この記事を見ているということはみなさんインターネットを使っているということ。ここ数年はインターネットで予約してチケットレスで搭乗手続きをしています。予約してパスポートだけ見せればチェックインできる場合がほとんどになってきました。

 

最安値の航空券の探し方から、安さだけでない快適な台湾行きの航空券の探し方まで紹介します。

台湾行き航空券の航空会社はどこ

まずは航空会社からチェックしていきましょう。

 

台湾行きの直行便
エバー航空
チャイナエアライン
キャセイパシフィック
PEACH(LCC)
ジェットスター(LCC)
タイガーエア(LCC)
スクート(LCC)
など

 

台湾行きの経由便
多数

 

上記が台湾へ行く主な直行便です。地理的なことを考えれば直行便で行くべきです。ほとんどの人がそうしています。しかしたまに大韓航空の仁川(ソウル)経由が最安値だったり、中国東方航空の上海経由が最安値だったりします。

 

ちょっと経由便に心が傾くことがありますが、結局直行便でしか行ったことありません。

 

PEACHのキャンペーンでは片道5000円以下になることがあります。最寄りの空港にPEACHの台湾行きが就航していない場合は成田や関空まで国内線で行く人もいます。乗り換えても安い場合があります。

台湾行き航空券を予約するまえにチェックすること

台湾への航空券を予約する前にチェックする項目はこの3つです。上から優先順位が高くなっています。

 

価格
最重要のチェック項目はやはり価格です。ここをチェックしてから他の項目をチェックします。日程によって数倍も価格が違うときがあります。

 

荷物の重量制限
LCCが価格が安い場合が多いのですが重量制限があります。持っていく荷物は多いのか、帰りにお土産をたくさん買うのかここもチェックして、荷物超過料金になる場合はプラスして見積もらなければいけません。

 

機内食
LCCは機内食は別料金です。高めの設定なのでせっかくLCCで行くのに食べたら本末転倒です。台湾に行って台湾料理を食べたらいいという意見も多いです。しかしその一方で海外旅行といえば機内食という人も多いです。自分はどちら派なのか決めてから航空券を予約しましょう。

インターネットで台湾行き航空券を探す具体的方法

航空券をインターネットで予約する具体的な方法はこちらです。わたしはシンプルにこの3ステップです。

 

スカイスキャナー

「スカイスキャナー」と検索するとすぐに出てきます。ここに出発空港と行き先(台北)を入力し、人数、日程を入力します。直行便にチェックを入れてもOK。するとボタンひとつで検索できます。

 

スカイスキャナー

 

航空会社ホームページ

安くて気に入った航空会社が見つかったら航空会社のホームページをチェックします。キャンペーンでさらに安くなっているときや荷物の重量がキャンペーンで少し重くてもOKな場合もあります。ひと手間掛かりますがあとでやっておけばよかったと思わないようにわたしはチェックしています。

 

HISとJTBとDeNA

最後に念のためにHISとJTBとDeNAの航空券もチェックします。たまにここが最安値のときがあります。不思議ですがそうなっているので毎回チェックします。こちらに二つのサイトをまとめています。

HISとJTBとDeNAの格安航空券を比較

台湾行き航空券はLCCの相場とセールをチェックすべし

相場はLCCで往復2万5千円、LCCではない場合は4万円前後という感覚です。しかしキャンペーンのときはこれに限りません。PEACHはよく片道4千円前後のキャンペーンをやります。そして最近は航空会社もキャンペーンをやることがあります。先日乗ったエバー航空は荷物も重くて大丈夫、機内食もバッチリ食べれて往復2万円弱でした。

 

まとめ
シンプルに3つのチェック項目で探して、こまめにキャンペーンもチェックすることが格安で快適な台湾行き航空券を探すポイントです。



台湾行き航空券の最安値を探す方法はこれ。

ホテル派もゲストハウス派もこの方法で台湾のいい宿が見つかります。