高雄の地下鉄の特徴

MENU

高雄の地下鉄の特徴

台湾鉄道の高雄駅に着くとそこは南国の風が吹いていました。台北とは風の匂いが違います。密度が濃いように思いました。

 

高雄は台湾第二の都市です。駅を降りると都会の街並みが広がっています。南国と都会というミスマッチな関係に少しの驚きと慣れが混在していました。冷静に考えればここは沖縄より南です。那覇よりも石垣島よりも南です。

 

宿に直行するために高雄の地下鉄、MRTに乗ることにしました。今回の記事はこの高雄のMRTに乗った印象です。

 

高雄の地下鉄には萌えキャラクターが!

1.日本語アナウンス
2.美麗島
3.萌えキャラクター
4.罰金
5.人が少ない

 

日本語アナウンス

最初の驚きはなんと日本語のアナウンスがあります。台北や台中にはありません。今まで日本語表示は見たことがあってもアナウンスは聞いたことがありませんでした。

 

中国語や台湾語のあとに日本語アナウンスが流れます。機械音ですが聞き慣れた言語に耳が勝手に反応していきました。

 

心の中では外国に来た感じが薄れるので無くてもいいなと思いました。日本に来る外国人も中国語や韓国語のアナウンスを聞いてどこかで思っているかもしれません。

 

美麗島

地下鉄が交差する乗り換えの大きな駅の名前が「美麗島」です。名前からして美しいです。ここの駅のステンドグラスアートが世界的に有名でみんな記念撮影をしていました。

 

アメリカの大手サイトで世界で2番目にきれいな駅に選ばれたそうです。

 

 

萌えキャラクター

どの駅に降りてもきれいな駅でした。そして駅の公式キャラが萌えキャラクターです。駅の中のあらゆるところにポスターが貼ってありました。駅にはしっくりこない萌え系でした。

 

高雄萌えキャラ

 

罰金

台湾のMRTには日本と違うルールがあります。飲食をしたら罰金です。萌えキャラクターのポスターにも罰金のことが書いてありました。キャラに目がいき危うく内容を見逃すところでした。日本とは違う注意点です。みなさんも気をつけましょう。

 

人が少ない

どこの駅を降りても人が少ないのが印象的でした。そして心なしか照明も暗かったです。多いのも苦手ですが少なすぎるのもちょっと寂しい感じがしました。

 

高雄地下鉄

 

まとめ
高雄にも地下鉄が走っています。便利です。萌えキャラクターのポスターも高雄の特徴です。日本語アナウンスにもちょっとびっくり。普通の地下鉄ですが視点しだいで楽しめるポイントがたくさんありました。


おすすめ記事
話せたらもっと楽しい!台湾旅行に役立つ中国語メルマガ案内

環島しよう!台湾一周鉄道旅行記

格安航空券>快適なホテル探し>食べ過ぎ対策サプリ>台湾旅行の準備

関連ページ

台湾新幹線の乗り方と注意点!バスと台鉄特急の料金と移動時間も比較
台湾新幹線の乗り方と注意点を紹介。バスと台鉄特急の料金と移動時間も比較します。短期旅行で時間を無駄に使いたくない人には便利でおすすめです。のんびり旅をするバックパッカーや地元台湾人の多くはバスを利用しています。旅のスタイルによって選びましょう。
台湾鉄道に乗って高雄から屏東そして台東へ!海岸線が美しい
台湾鉄道の特急列車自強号に乗って高雄から屏東そして台東へ行きました。2時間30分で料金は351元です。日本円で約1400円。駅弁を購入していきました。海岸線が広がる美しい車窓の景色です。おすすめは進行方向右の窓側。注意点は冷房対策の上着が必須です。
台湾旅行ブログ!花蓮駅から七星潭への交通はバスがおすすめ
花蓮駅から七星潭への交通はバスがおすすめです。徒歩はおすすめしません。花蓮駅発七星潭行きのバス停は駅から出て左側になります。タクシーの呼び込みが激しいので注意してください。歩いた人の台湾旅行ブログには2時間掛かったと書いてありました。
台北から台東へ台湾鉄道の電車で行く方法!料金と時間もチェック
台北から台東へ台湾鉄道の電車で行く方法を紹介します。料金と時間もチェックしていきましょう。おすすめは東側の花蓮経由です。新幹線はありませんが特急列車があります。座席は座り心地がよくトイレもあります。冷房が効き過ぎることがあるので上着あるといいです。
台湾で新幹線のチケットをタッチパネルでクレジット決済で買う方法
台湾で新幹線のチケットをタッチパネルでクレジット決済で買う方法を紹介します。窓口やインターネットでも購入できますがタッチパネルに慣れるとこれが便利です。JCBの楽天カードでも決済可能です。ポイントが貯まるのでお得です。