綺麗すぎる篠原涼子のアナザースカイは台湾

MENU

篠原涼子のアナザースカイは台湾の視点

テレビでアナザースカイを見ていると今回の特集は台湾。ゲストは篠原涼子さんでした。篠原涼子さんも台湾が好きなのかと思いながら開いていたパソコンをいったん閉じてじっくり見ることにしました。それにしても年齢の割に綺麗すぎる。

 

どんな台湾特集になるのか楽しみ楽しみ。

 

アナザースカイ

 

これまでもいろんな人がアナザースカイに台湾を選んでいます。番組的にも同じ切り口だと視聴率も取れないはず。毎回違う切り口が楽しみでなりません。新しい発見もあれば、共感する同じ切り口もあります。

 

さてさて今回はどんな視点の台湾なのか。

篠原涼子のアナザースカイは台湾で漢方薬を購入

20年前もテレビ番組の仕事で台湾に行っていたそうです。そのときは忙しすぎて台湾をゆっくり見れなかったとのこと。今回も仕事ですがゆっくり街歩きをしていました。そこで出てきたのが迪化街。この前ここに行ったばかりなのでワクワクしました。

 

昔から栄えている地域で古い建築がとってもステキです。昔の建築がそのまま残っていて最近中はリノベーションされています。乾物屋さんや漢方薬屋さんとが中心。そしておしゃれなカフェや雑貨屋さんも増えてきました。

 

 

行ったばかりなのでこれだけでも共感してしまいました。同じ道を歩いていました。同じお寺にもお参りしていました。

 

ここでわたしも気になっていた漢方薬屋さんへ。漢方を量って調合してくれるところです。気になっていましたがすぐに必要というわけでもなく体の調子もいいのでスルーしていました。しかしこの漢方の調合はすごく効きそうだなと思っていました。

 

番組では司会の今田耕司さんに漢方薬をお土産にしています。お酒を飲む人への調合だといっていました。次回はわたしも何か調合してもらって購入したいなと思いました。

台湾で優しい気持ちになるアナザースカイの篠原涼子

次に台湾のテレビ局に入っていくと昔お世話になった人が待っていました。篠原涼子が活動していた東京パフォーマンスドールを台湾に呼んだ人です。20年前に台湾でも活躍していたそうです。そしてそのときの新聞の記事やチラシを持ってきていました。今は手に入らない貴重なものです。よく今まで保管できていたなと感心しました。そして今もなお好意を持っていることが伝わってきました。そして篠原涼子さんが感動していました。

 

わたしも台湾にはお世話になっている台湾人の友人がいます。なんとなくこの感情がわかります。たまたまいい人に出会ったのかと思っていましたが、今回のアナザースカイのように似たような感情がある人が多くいます。たまたまではなく台湾でこういう体験をする人が多いのかなと思います。

 

まとめ
アナザースカイの台湾で新しい発見と共感。いい特集でした。次回は調合を依頼する漢方薬に挑戦したい。


おすすめ記事
話せたらもっと楽しい!台湾旅行に役立つ中国語メルマガ案内

環島しよう!台湾一周鉄道旅行記

格安航空券>快適なホテル探し>食べ過ぎ対策サプリ>台湾旅行の準備

関連ページ

台湾リピーターになったガイドブックに載ってない3つの理由
台湾が大好き。台湾リピーターになったガイドブックに載ってない3つの理由です。何回も台湾旅行をする理由とは。おいしいグルメもいいけど違う角度から台湾をとらえるようになって何回も旅行に行くようになりました。オリジナルな考え方です。
台湾の魅力を伝えきれなかったのでiPhoneに例えてみた
友達に台湾の魅力を伝えきれなかったのでiPhoneに例えてみました。iPhoneを金庫に入れておくと素晴らしい機能が発揮されないのと同様、人生も行動しないともったいない。台湾旅行の魅力はグルメや観光だけでなく台湾人にあるのかも。
台湾の居心地は希望と優しさにあり!日本と比較してみた
台湾の居心地は何かなと考えたときにわかったのが希望と優しさ。日本と比較してみたらわかりやすかったのでまとめてみました。台湾人の性格と生活を分析してみえてきた特徴はプラスの気持ちと優しさの関係。この視点はこれからも研究していきます。
台湾一人旅ブログ日記!iPhone写真付5000文字
台湾一人旅ブログ日記をiPhoneで撮った写真をアップしながら5000文字以上で書きました。台湾を好きにになった理由がこの旅にたくさん詰まっています。旅の終わりは旅の始まりでもあります。ここから台湾大好きな我愛台湾が加速していきました。
台湾好きな日本人は台湾人に優しくされた経験がある
台湾好きな日本人は台湾人に優しくされた経験があるということがインタビューをしていると共通していました。台湾の魅力は台湾人。1度興味を持つと泉が湧くように台湾に興味を持ち始めます。グルメ、中国語、鉄道など。その体験談をブログに書いていきます。