台湾パイナップルの切り方

MENU

台東県鹿野のゲストハウスに到着

台東県鹿野に着きました。台湾鉄道で移動して予約した宿へ行くのがこの旅のスタイルです。

 

鹿野

 

宿に着くとオーナーが「このあたりは昔日本人が住んでて日本家屋がまだたくさん残ってる地域なんですよ」と教えてくれました。

 

そんなことは何も知らずにこの宿に決めていました。

 

台北、台中、高雄で人口が多い都会から台湾一周が始まったので台東では田舎の雰囲気を味わおうと思って都会の台東市ではなく、ちょっと外れたこの鹿野に宿を決めました。昔日本人が住んでたということは知りませんでした。

 

鹿野駅

台東県鹿野のゲストハウスの宿泊者はひとり

この日はなんと宿泊者はわたし1人でした。少し驚きましたが民泊にはよくある出来事です。

 

この民泊は宿のオーナーの自宅です。1階が共有スペースでオーナーの台所とリビングルームも兼ねています。ここは宿泊者も使っていいところです。大きな台所でオーナーは台湾人の友達と料理をしていました。

 

「明日はどこに行くの?」と聞かれたので「特に決めていません」と言ったら「そしたら一緒に鹿野の旧日本人村を巡ろう」と言ってくれました。オーナーもその日は時間があるようでした。

 

これも旅の醍醐味です。言葉に甘え、オーナーと一緒に鹿野の旧日本人村を巡りました。

鹿野で台湾パイナップルを食べる

その前にこの宿では色々宿の人と話をして仲良くなりました。宿のオーナーの友達の台湾人女性とその子供の女の子も来て合計4人でいろいろ話をしました。こんな時に中国語ができてよかったと思います。

 

小学生の女の子はわたしと話すときは中国語の普通話で話します。お母さんとしゃべるときは台湾語で話していました。台湾語はわたしは話せないので全く聞き取れませんでした。

 

この台湾人の友達は家に来て何をしてたかというと日本では見たことがない小さいマンゴーを収穫してそれを調理していました。今までも見たこともない緑色のマンゴーです。薄く切って、砂糖混ぜて調理していました。

 

緑マンゴー

 

話を聞くとこの辺りはフルーツが取れてとてもいいところですよと言ってました。「よかったら明日旧日本人村に行く前にフルーツ畑も見に行きますか?」と誘われ「はい!行きます!」と答えました。

 

宿に行く前に駅前で買ったパイナップルをここでみんなで食べました。

 

緑マンゴー

 

日本で食べるパイナップルは輸入品なので日にちが経ってます。しかしこの辺りで栽培されるパイナップルは新鮮で甘くて味が違いました。美味しかったです。わたしはパイナップルの切り方をよくわからないので台湾人に切ってもらいました。その時の手順がこちらです。

 

 

パイナップルを食べ、緑色のマンゴー食べそして寝ました。次の日はフルーツ狩りに出かけました。

台湾の鹿野の出会い

旅は出会いとはいえ、とてもいい人に巡り合いました。次の日に連れて行ってもらったところは農業をやっている若い人たちでした。田舎暮らしを始めた人です。台湾にも日本と同じようにこういうスタイルの生活があるんだなと思いました。

 

この日は一緒にブルーベリーのようなものを収穫しました。味はブルーベリーですが「ブルーベリーですか?」と聞くとブルーベリーじゃないと言っていました。実際の名前はよくわかりません。しかし、生で食べても美味しくジャムにしたりジュースにしたりするそうです。

 

まとめ
普通の旅ではないと思うかもしれませんが「旅は風まかせ」です。風に乗るといろんな出来事がやってきます。だからあまり予定を詳しく立てないでおくという方法も旅のひとつの方法です。そうすると、台湾の風も心地よく吹いてきます。


おすすめ記事
話せたらもっと楽しい!台湾旅行に役立つ中国語メルマガ案内

環島しよう!台湾一周鉄道旅行記

格安航空券>快適なホテル探し>食べ過ぎ対策サプリ>台湾旅行の準備

関連ページ

台湾一周鉄道旅行ブログ!グルメとゲストハウスと出会いの記録
台湾一周鉄道旅行ブログ。1週間一人旅の出会いの記録です。空港からまずは台中に行き台湾鉄道に乗って高雄、台東、花蓮、宜蘭、そして台北に行きました。グルメやゲストハウスや交通の詳細とそこで出会った人たちの旅行記です。気になる費用もチェック。
台中国家歌劇院!日本人伊藤豊雄設計オペラハウスの曲線が美しい
台中国家歌劇院に行ってきました。日本人伊藤豊雄設計のメトロポリタンオペラハウスです。曲線が美しい建築でした。雑誌ミセスを読んで行きたかった場所です。中国語で臺中國家歌劇院、英語でNational Taichung Theater、日本語で台中国家歌劇院。
台中の印象は香港と似ている!台湾旅行でふと気付いた
台中の印象は香港と似ている。台湾旅行でふと気付いたことです。台中は台湾で住みやすい都市ナンバー1という記事もあります。しかし実際見た感想は人口密度も圧迫感があり地下鉄もなくバスが混んでいます。インターナショナルな雰囲気は香港と似ていました。
台湾の高雄市立図書館が便利で豪華で快適な10の理由
台湾の高雄市立図書館が便利で豪華で快適な10の理由を紹介します。おしゃれで大きな図書館です。開館時間も長く夜遅くまで開いています。勉強できる自習スペースもあります。ここで中国語の勉強をしたらはかどりそうです。行き方はMRTの駅から歩いてすぐの場所です。
台湾の日本統治時代の歴史観光旅行!台東龍田村の鹿野神社
台湾の日本統治時代の歴史観光旅行をしてきました。台湾台東龍田村には鹿野神社があります。100年以上前に日本人が移住を始めた場所です。今は日本人は住んでいませんが日本家屋が残っていています。日本統治時代の歴史旅行におすすめのスポットです。
金城武のエバー航空のCMに出てきた台東県池上の田園風景
金城武のエバー航空のCMに出てきた台東県池上に行ってきました。田園風景の中にロケ地の金城武の樹があります。レンタル自転車を借りる観光客で賑わっていました。中国語を勉強しているときに見ていた動画です。過去が未来につながった瞬間でした。
台東県池上のゲストハウスの台湾人オーナーは日本が大好き
台東県池上のゲストハウスの台湾人オーナーは日本が大好き。台湾の格安な宿に宿泊したときのことです。日本人とわかると笑顔で台湾人が話し掛けてきました。日本語はほとんど話せません。しかし日本旅行が好きで何回も行ったことがあるそうです。
七星潭風景区(花蓮県)で太平洋から昇る朝日を見よう
台湾の七星潭風景区(花蓮)で太平洋から昇る朝日を見よう。花蓮市内の宿から朝日を見ようとすると移動が大変だったので七星潭に宿泊することにしました。歩いて海岸まで行くことができます。運良く晴れてきれいな七星潭のサンライズを見ることができました。
宜蘭県の礁渓温泉の無料足湯は台湾人との交流が楽しい場所
宜蘭県の礁渓温泉の無料足湯は台湾人との交流が楽しい場所です。三つの足湯に行きました。インフォメーションセンターの近く、街の中心部、ちょっと遠いところにある足湯。人が少ない足湯で入り方を台湾人に学びました。足が軽くなりました。
台湾東部の小さな大里駅の5つの特徴!亀山島を見ながら老街を散歩
台湾東部の小さな駅の大里に降りて亀山島を見ながら老街を散歩をしました。宜蘭県にあります。大里駅周辺は観光施設は大きなお寺くらい。しかし見るものすべてが観光です。小さな漁村に行ったり海岸線を散歩したりしました。小さな商店には日本語が話せる老人がいました。
台湾一周旅行ブログ!鉄道バイク自転車徒歩のタイプ別特徴を比較
台湾一周旅行ブログ。鉄道、バイク、自転車、徒歩のタイプ別方法と特徴を比較します。日数はどのくらい掛かるのか。実際に台湾一周一人旅に出会った口コミです。徒歩で台湾一周の旅をしていた人は精神が落ち着いて仙人のような雰囲気がありました。
台湾旅行ブログ!そうだクルーズ船で賑わう港町基隆に行こう
台湾旅行ブログ。そうだクルーズ船で賑わう港町基隆に行こう。基隆おすすめ観光を紹介します。日本人観光客が少ない基隆、今も昔も港町として賑わっています。この日も中国大陸からのクルーズ船がいました。夜市も有名でまるで千と千尋の神隠しのアニメのようです。
台湾ブログ!そうだ五月天の故郷の北投にMRTに乗って行こう
台湾旅行ブログです。五月天の故郷の北投にMRTに乗って行きました。北投げるは台湾の中でも屈指の高級温泉街です。日本の加賀屋も出店しています。北投は五月天の故郷でもあります。宿の人に関係のある場所を教えてもらいました。豆花のおすすめのお店も紹介。
大安森林公園は台北のグリーンオアシス!MRTの駅もかっこいい
大安森林公園は台北のグリーンオアシスです。地下鉄のMRTもあり駅もかっこいいです。リラックスしたいときはおすすめのスポット台北101も見えます。注意点は蚊が多いこと。虫除けスプレーが必需品です。痒みはウナは効かずラナケインが効きました。
台湾一周旅行のあとに台北が今までと違った見えた3つの変化
台湾一周旅行のあとに台北が今までと違った見えた3つの変化があります。中国語が聞き取りやすい、食べる場所に困らない、移動が便利です。台湾一周旅行記を本にしたいくらい自分でも驚きです。台北が変わったのではなく自分が変わりました。旅はだからステキです。