台湾一周旅行サイト

MENU

台湾一周鉄道旅行ブログ!1週間一人旅の感想と記録記事一覧

台湾には何回も行っているけど台北がほとんどでした。ずっと台湾一周をしたいと思っていました。いつかやろうと思ってもそのいつかはやってきません。よし!今だ!台湾一周に行こう!と決断してまずは航空券を購入しました。航空券を購入したら気持ちははなんだかスッキリしました。これで台湾1周できると思いました。

中国語:臺中國家歌劇院英語:National Taichung Theater日本語:台中国家歌劇院雑誌ミセスを見ていると目に飛び込んできたのはこの台中のメトロポリタンオペラハウスです。漢字では国家歌劇院。日本ではなかなかこんな自由な建築はありません。ここに行きたいなとずっと思っていました。そして今回これを目的に台中に寄ることにしました。1.雑誌ミセスの写真を見て行きたくなった2.台湾にありながら...

台中は台湾で3番目に人口の多い都市です。台北、高雄に次ぐ第3の都市です。台中市の人口は100万人を軽く超えて270万人です。写真は台中駅前です。「台中に行った」と言うと「台中はどうだった?」と印象を聞かれます。これは台湾人にも日本人にも聞かれます。最初はどこかの雰囲気に似ているなと思っていたけど思いつきませんでした。そしてしばらくしているうちに「そうだこれは香港と似てるんだ!」と思いました。

台湾の高雄の図書館に行ってきました。オープン前からインターネットの記事を読んで知っていました。とても行きたい図書館で行く前からワクワクしていました。どんな図書館か写真とともにこれから10の特徴を紹介します。

台東県鹿野に着きました。台湾鉄道で移動して予約した宿へ行くのがこの旅のスタイルです。宿に着くとオーナーが「このあたりは昔日本人が住んでて日本家屋がまだたくさん残ってる地域なんですよ」と教えてくれました。そんなことは何も知らずにこの宿に決めていました。台北、台中、高雄で人口が多い都会から台湾一周が始まったので台東では田舎の雰囲気を味わおうと思って都会の台東市ではなく、ちょっと外れたこの鹿野に宿を決め...

台湾の台東県にある鹿野地区には昔日本人が住んでいました。住み始めたのは100年以上前の日本統治時代のことです。家屋はまだ残っていますが日本人は今は住んでいないそうです。

台湾鉄道の池上駅を降りると池上弁当で有名な駅弁屋さんが二軒並んでいます。そこで駅弁を食べて宿に向かいました。台東県の池上で宿泊すると決めたのは大きな理由があります。それは金城武のエバー航空のCMを見て中国語勉強をしていたからです。そのエバー航空のCMのロケ地がこの池上です。

ゲストハウスのオーナーは日本が大好き台東県の池上に行くと宿のオーナーがニコニコして笑顔で話し掛けてきました。ちなみに日本語は話せません。話せないけど1つだけ話すことができます。それは「すいません」です。「すいません。すいません」と何度も言ってきます。本人は「Excuse Me」のニュアンスのつもりだと思いますが使うタイミングが違うのでおもしろかったです。すごく愛嬌のある30代の男性です。小さな子供...

七星潭の太平洋から昇る朝日を見たくて七星潭に一泊することにしました。花蓮駅周辺から日の出を見ようとすると交通手段がタクシーになります。そして朝早く起きなくてはいけません。せっかくタクシーで行って天気が悪い場合もあります。こんな事を色々考えているうちに七星潭に泊まろうと決めました。海岸まで歩いていける距離のところに宿をとりました。朝日が昇る前日の夕方に七星潭に着きこの日はのんびりすごしました。ファミ...

台湾の宜蘭県の礁渓温泉に行ってきました。温泉街の雰囲気が漂う街です。台湾鉄道の礁渓駅を降りると大きな温泉ホテルが立ち並んでいます。その横に飲食店も並んでいます。今回わたしがまず目指すしたのは礁渓温泉の足湯です。インフォメーションセンターに行き無料の足湯のある場所を教えてもらいました。歩いて行ける範囲に無料の足湯が数カ所ありますす。三つの足湯に行ってきました。まずはインフォメーションセンターに一番近...

台湾鉄道で台湾東部の小さな駅に行きました。駅の名前は大里です。この大里の特徴を紹介したいと思います。コンビニが無い漁村台湾鉄道の駅がある亀山島がばっちり見える散歩が気持ちいい

台湾を一周することを環島と言います。わたしは鉄道で台湾一周をしました。1週間で台湾一周です。台湾一周をしているときにたくさんの台湾一周している人と会いました。この人たちをタイプ別に紹介します。鉄道で台湾一周は1週間バイクで台湾一周は一週間自転車で台湾一周は2週間歩いて台湾一周は2カ月台湾一周にかかる日数は平均したらだいたいこんな感じでした。それぞれタイプの人と出会いました。

台湾鉄道一周旅行も終わりに近づいてきました。宜蘭を出て台北に今すぐ戻るという方法もありますがどうしても基隆が気になります。今までに行ったことはなく、しかし名前はずっと前から有名で知っていました。台湾の港町といえば基隆というイメージがあります。まだ飛行機がない時代、基隆は台湾の玄関口として栄えていました。多くの船が行き交っていたことでしょう。基隆の特徴をチェックしていきましょう。港町日本人観光客が少...