台北公館近くの村上春樹的隠れ家カフェ

MENU

読書好きな台湾一人旅女子におすすめのカフェ

村上春樹好きにおすすめの台湾のカフェを紹介します。

 

夜市も何回も行った。台湾茶にも詳しくなった。小籠包もあちこちで食べた。もしあなたが読書好きなら、もしあなたがのんびりするのが好きなら、もしあなたが村上春樹好きなら、おすすめのカフェが台北にあります。

 

紹介するカフェは二つともMRT公館の近くです。台湾大学もすぐそば。探してみてください。

海辺のカフカ好きな台湾一人旅女子におすすめのカフェ

海辺のカフカ

台湾の海辺のカフカのカフェを紹介します。

 

一つ目は
海邊的卡夫卡

 

台湾のブログを含め三つくらいサイトを見るとだいたいのことはわかりますよ。海辺のカフカを漢字で表現するとこうなるんですね。ここはブックカフェで棚にはたくさんの本が並んでいます。

 

二階に上がると広々とした空間が広がっていていい間隔でイスとテーブルがあります。落ち着きますよ。本は繁体字の中国語ですがそんなことはどうでもいいんです。雰囲気を楽しめばいいんです。日本から村上春樹の本を持っていってここで読むのもいつもと違う読書ができて違う風が吹いてきますよ。ぜひ台湾の村上春樹の風を感じてください。

 

夜はライブをやっていることがあります。台湾の小さいライブハウスを体感したい人はおすすめです。


ノルウェイの森好きな台湾一人旅女子におすすめのカフェ

ノルウェーの森

台湾のノルウェイの森のカフェです。

 

二つ目は
挪威森林

 

この漢字の村上春樹の小説名ちょっと想像してみてください。そうなんです!ノルウェーの森です。海邊的卡夫卡から歩いて行ける距離にあります。この辺りは台湾大学も近いのでアカデミックな香りがします。台湾大学は日本でいうところの東京大学的な頭の良さです。

 

そう思ってコーヒーを飲んでいると自分も頭が良くなった気がします。旅先で想像を膨らますのは自由で心地良いものですよね。


台湾の一人旅女子は村上春樹好きにおすすめ

ここから台湾大学周辺を散歩するのも気持ちいいです。構内も散歩できます。立派な建物ばかりで特に入口から一番奥に見える図書館は建築的価値も高いのでぜひ見てみてください。

 

そうこうしているとMRT公館駅周辺で公館夜市が始まります。夕暮れからやっていますよ。学生街なので若者向けの手頃な洋服を売っている店が多いです。もちろん食べ物も安くておいしいです。

 

夜市に行くかカフェに行くか迷いますよね。両方行ってもいいし。カフェでのんびりもいいし。夜のカフェもいい雰囲気です。そうだ台湾のカフェめぐりに行こう!

 

まとめ
日本でもブックカフェは多くなってきました。今回紹介したのは最新というわけでなく味わい深い村上春樹ラブな昔ながらのカフェです。台湾でも村上春樹が慕われていると思うとなんだかうれしくなります。時間の余裕をもってのんびりしながらぜひ読書しましょう。もちろん本は村上春樹で。


おすすめ記事
話せたらもっと楽しい!台湾旅行に役立つ中国語メルマガ案内

環島しよう!台湾一周鉄道旅行記

格安航空券>快適なホテル探し>食べ過ぎ対策サプリ>台湾旅行の準備

関連ページ

堀江貴文の君はどこにでも行けるを読んで台湾を旅行する
台湾旅行に行くと視点が増えます。ホリエモンこと堀江貴文の著書「君はどこにでも行ける」を読んでさらに確信しました。視点が増える理由をお金、性格、時代の流れの3つで記事に書いていきます。本の巻末のヤマザキマリ(テルマエロマエ著者)対談もおすすめ。
川島小鳥の写真集「明星」の個人的に好きな台湾風景ランキング
川島小鳥の写真集「明星」の個人的に好きな台湾風景ランキングを紹介。ベスト3です。どんな写真を選ぶかは人それぞれ。台湾の魅力も人それぞれ。しかし重なったときに共感が生まれます。川島小鳥さんのこの3枚の写真が自分のツボに入りました。
アメトーークのひとり旅芸人を見て台湾旅行の魅力を考えた
アメトーークのひとり旅芸人を見て台湾旅行の魅力を考えました。ひとり旅派は友近、矢作兼、フット岩尾、眞鍋かをり、小島大輔。グループ旅行派は、千原ジュニア、フット後藤。スタジオの観覧者はひとり旅は少数派のようです。ひとり旅芸人を見た感想です。
家庭画報の台湾極上の旅への高級ホテルの写真が美しい
家庭画報の特集、台湾極上の旅へを読みました。高級ホテルの写真が美しい。グルメも美味しそうです。セレブマダムにぴったりの台湾案内です。台北の喧騒とは違う時間が流れています。たまにはこんな台湾旅行もいいなと思います。
雑誌ミセス5月号は台湾特集!吉田羊や角田光代の旅案内
雑誌ミセス2017年5月号は台湾特集。吉田羊、角田光代、一青妙、蜷川実花、角田光代などの旅案内が紹介してあります。伊東豊雄の建築、台中国家歌劇院(台中メトロポリタンオペラハウス)も見応えがあります。どんな視点で台湾を見るのか参考になりました。
四方田犬彦の台湾の歓びは旅行ガイドブックより参考になる
四方田犬彦の台湾の歓びは旅行ガイドブックより参考になりました。感想レビューを書いていきます。こんなことが書いてあります。西門町の成り立ち、本省人と外省人の違い、エドワードヤン(楊德昌)との思い出、立法院占拠太陽花学連のこと、台湾の寺の神様の種類、台南。