四方田犬彦の台湾の歓びの感想

MENU

四方田犬彦の本「台湾の歓び」との出会い

ずらりと並んだ本の背表紙を見ていました。台湾という文字が目に飛び込んできたので手にとってパラパラめくってみました。するとわたしが知りたい内容ばかりです。これは腰を据えてゆっくり読みたいと思い読み始めました。

 

台湾の歓び
四方田犬彦(著)岩波書店

 

人も出会いですが本も出会いです。

 

四方田犬彦の台湾の歓び

 

感想レビューを書いていきます。

映画台北ストーリーのことが詳しく四方田犬彦の台湾の歓びに書いてある

この本を読む1週間前に映画台北ストーリーを見たばかりでした。

 

そしてこの本には台北ストーリーのこと、監督のエドワードヤン(楊德昌)のことが詳しく書いてあります。しかも著者は会って話したこともあります。台北ストーリーで主演した侯孝賢は東京の自宅にも来たことがあるそうです。

 

そしてエドワードヤン亡きあとの台湾映画界のことも詳しく書いてあります。大ヒットした「海角七号」も「KANO」も制作したのはエドワードヤンと関わりがある人だったことがこの本を読んでわかりました。

 

台湾映画を今まで30本以上見ましたがその点が線になったような気がしました。

 

映画以外のこともわたしが知りたい台湾が詳しく書いてありました。旅行ガイドブックを読むより台湾のことがわかりました。

 

例えばこんなことです。

四方田犬彦の台湾の歓びガイドブックより参考になる

萬華と大稲埕の間に日本人がつくった西門町

台湾は歴史を紐解くといろいろと興味深いところです。現在も見え隠れしているところもありますが、現在は跡形もないところも多いです。今は若者の街の西門町は日本人がつくった町だとわかりました。そしてなぜここにつくったのかは萬華と大稲埕が大きく関係してきます。何度も行った場所にこんな歴史があったのかと思いました。

 

本省人と外省人の違い

なんとなく知っていました。しかしなんとなくでした。台湾人に直接聞きにくいというのも事実でした。聞く前はその人がどっちかもわかりません。台湾らしさはここから影響することも多いのでしょう。

 

エドワードヤンの映画

映画台北ストーリーを見たばかりなのでぐいぐいと文章に引き込まれていきました。あの映画を見た後にこの文章を読むことができてよかったです。いい偶然です。

 

映画KANOと多民族台湾

KANOも見たことがあります。いい映画だという感想の中にちょっと苦いスパイスが入っていました。なぜ映画を見て苦く感じたのかこれでやっと理由がわかりました。

 

太陽花学連のこと

記憶に新しい台湾の学生の立法院占拠のことです。著者はこの目で見てしかも立法院の中まで行き学生と話したそうです。そのときのライブ感を持って読めました。

 

台湾の寺廟の神様の種類は300近い

わたしも感じていました。台湾には寺が多いな、いろんな神様がいるなと。日本の神様と種類が違いますがそこも調査し分析しています。

 

台南の奥の奥

台南のことを詳しく書いています。内容は2泊3日くらいの台南旅行がわからないことばかりです。しかし知っておくと台南がさらに楽しくそして味わい深くなるでしょう。

 

まとめ
いい本でした。台湾に何度も行っている人にも読み応えがあります。旅行ガイドブックよりおすすめです。


おすすめ記事
話せたらもっと楽しい!台湾旅行に役立つ中国語メルマガ案内

環島しよう!台湾一周鉄道旅行記

格安航空券>快適なホテル探し>食べ過ぎ対策サプリ>台湾旅行の準備

関連ページ

堀江貴文の君はどこにでも行けるを読んで台湾を旅行する
台湾旅行に行くと視点が増えます。ホリエモンこと堀江貴文の著書「君はどこにでも行ける」を読んでさらに確信しました。視点が増える理由をお金、性格、時代の流れの3つで記事に書いていきます。本の巻末のヤマザキマリ(テルマエロマエ著者)対談もおすすめ。
川島小鳥の写真集「明星」の個人的に好きな台湾風景ランキング
川島小鳥の写真集「明星」の個人的に好きな台湾風景ランキングを紹介。ベスト3です。どんな写真を選ぶかは人それぞれ。台湾の魅力も人それぞれ。しかし重なったときに共感が生まれます。川島小鳥さんのこの3枚の写真が自分のツボに入りました。
アメトーークのひとり旅芸人を見て台湾旅行の魅力を考えた
アメトーークのひとり旅芸人を見て台湾旅行の魅力を考えました。ひとり旅派は友近、矢作兼、フット岩尾、眞鍋かをり、小島大輔。グループ旅行派は、千原ジュニア、フット後藤。スタジオの観覧者はひとり旅は少数派のようです。ひとり旅芸人を見た感想です。
台湾一人旅読書女子におすすめ!公館近くの村上春樹的隠れ家カフェ
台湾一人旅読書女子におすすめのカフェを紹介。台湾大学の近くにある公館近くの村上春樹的隠れ家カフェです。海辺のカフカにちなんだカフェとノルウェーの森にちなんだカフェです。最新の流行ブックカフェというわけでなく老舗的なカフェです。
家庭画報の台湾極上の旅への高級ホテルの写真が美しい
家庭画報の特集、台湾極上の旅へを読みました。高級ホテルの写真が美しい。グルメも美味しそうです。セレブマダムにぴったりの台湾案内です。台北の喧騒とは違う時間が流れています。たまにはこんな台湾旅行もいいなと思います。
雑誌ミセス5月号は台湾特集!吉田羊や角田光代の旅案内
雑誌ミセス2017年5月号は台湾特集。吉田羊、角田光代、一青妙、蜷川実花、角田光代などの旅案内が紹介してあります。伊東豊雄の建築、台中国家歌劇院(台中メトロポリタンオペラハウス)も見応えがあります。どんな視点で台湾を見るのか参考になりました。