台湾旅行人気ガイドブックとおすすめ本

MENU

台湾旅行人気ガイドブックとおすすめ本!雑誌も電子書籍もセレクト記事一覧

ホリエモンの本を読んでいました。わたしが台湾に行く理由と重なる部分がたくさんありました。本のタイトルは「君はどこにでも行ける」です。2年半で世界28カ国58都市に行っているホリエモン。アジアもたくさんの地域に行っています。自分自身ではモヤモヤして言葉に表わしてなかったことがたくさん言葉にしてありました。モヤモヤしていたこととはマイナスのモヤモヤではなく台湾に行って日本との違いを感じるけどこれは今の...

川島小鳥さんの写真集「明星」をパラパラ見ていました。なぜかぐいぐい引き込まれる台湾写真が数枚ありました。すべて同じ力で引き込んでこんでいくのではなく、自分の心にピントが合う写真があるんです。こんなにたくさんの写真があるのに不思議ですね。その中でもぐいぐい引き込まれたわたしのベスト3を紹介します。みなさんはまた違った写真にぐいぐい引き込まれるはずです。違いがあるからおもしろいし、いい写真集なんだと思...

アメトーークのひとり旅芸人見ましたか?出演者はこちらでした。>>>ひとり旅派友近矢作兼岩尾(フットボールアワー)眞鍋かをり小島大輔>>>グループ旅行派千原ジュニア後藤(フットボールアワー)わたしは台湾へ行くときもひとり旅が多いので番組タイトルを見たときにおもしろそうだなと思いながら見ました。アメトーークのように普段は友達と似たような会話をしていたので紹介します。ひとり旅は少数派ひとり旅の魅力台湾ひ...

村上春樹好きにおすすめの台湾のカフェを紹介します。夜市も何回も行った。台湾茶にも詳しくなった。小籠包もあちこちで食べた。もしあなたが読書好きなら、もしあなたがのんびりするのが好きなら、もしあなたが村上春樹好きなら、おすすめのカフェが台北にあります。紹介するカフェは二つともMRT公館の近くです。台湾大学もすぐそば。探してみてください。

本屋の雑誌コーナーに行くと家庭画報の台湾という文字が目に飛び込んできました。これはいつものことで台湾という文字には敏感でついつい手にとって読んでしまいます。最近は台湾が注目されているなとか、バリ島って昔ほど話題になっていないなとか、韓国グルメも美味しそうだなとか、本屋には興味ある旅行のことがたくさん並んでいます。結局じっくり読むのは台湾に関する本です。特に雑誌の台湾特集だと今回はどんな特集なのかな...

雑誌ミセス5月号は台湾特集です。まだ読んでいない人は本屋に行ってみてください。写真がきれいで読み応えがありますよ。最近のミセス向けの雑誌は台湾特集が多いのか前回の家庭画報に続いてまたもやセレブ系雑誌での紹介です。台湾のマーケットがこんな人に来て欲しいのか、日本のマーケットがすでにミセスに流行している台湾にターゲットを絞っているのかマーケティングも気になるところです。今回の特集は人に注目。日本のこん...

ずらりと並んだ本の背表紙を見ていました。台湾という文字が目に飛び込んできたので手にとってパラパラめくってみました。するとわたしが知りたい内容ばかりです。これは腰を据えてゆっくり読みたいと思い読み始めました。台湾の歓び四方田犬彦(著)岩波書店人も出会いですが本も出会いです。感想レビューを書いていきます。